Tokyo Documentary Photo

髙木 佑輔 / Yusuke TAKAGI

 

 

髙木 佑輔 / Yusuke TAKAGI
http://katsuotakahashi.com
http://www.yusuketakagi.net

 

1979年東京生まれ、横浜市在住。

明治学院大学社会学部社会学科卒業後、2005年からフリーランスの写真家として活動を開始。

2010年から「高橋かつお」のペンネームで活動するが、現在制作中の手製写真集「KAGEROU」を機に本名での活動を再開する。

 

受賞歴
Human Rights Award in FCCT/OnAsia PHOTO CONTEST 2010
KL INTERNATIONAL PHOTOAWARDS 2012 Portrait Category Finalist

 

写真展
2010年 “The Prison Called Burma”/ FCCT
2012年 ”Abandoned”/Zen Foto Gallery

 

グループ写真展
2012年 “Tohoku – Images of a Disaster” / The Burunei Gallery in London
2012年 “Images of Tohoku”/ FCCT
2013年 “Burma Untold” / forty-five downstairs gallery in Melbourne
2013年 The 6th Jeonju Photo Festival in Korea

 

Abandoned 2017
原発事故後に見捨てられた町、南相馬市。
今や復興の最前線の町へと変遷したが、原発から20kmという地理条件は動かし難い事実として人々に記憶されている。
様々な思惑が絡みあいながらも、否応なく歩みを進める地元の人々と風景を通じて、文化と民俗がどのように継承され、ひいては日本の社会がどのように原発事故を乗り越えていくかを記録している。

Copyright © 2017 Tokyo Documentary Photo. All rights reserved.