Tokyo Documentary Photo

森井 勇介 / Yusuke MORII

 

森井 勇介 / Yusuke MORII
https://www.indigenous-gallery.com

 

静岡県生まれ 埼玉県在住 / 1982〜

2004 亜細亜大学国際関係学部国際関係学科 卒業

2007 エスモードジャポン東京校デザイン専攻科 卒後

 

個展

2016 Indigena~衣装のある暮らし~ 富士フォトギャラリー銀座.東京都

2016 ペルー展~アンデスを越えて~ And JOURNEY.東京都

2016 Tinku コニカミノルタプラザ.東京都

2014 アンデスの先住民族 富士フォトギャラリー調布.東京都

 

グループ展

2015 第16回上野彦馬賞 入賞者展(東京芸術劇場ギャラリー、その他5会場)

 

受賞

2016 コニカミノルタ フォト・プレミオ入賞

2015 第16回上野彦馬賞 入賞

 

ペルーを中心に民族の撮影を続ける写真家。
ラテンアメリカを583日旅して民族衣装文化が残る村を約80カ所訪問する。
はじめはファッションという視点で民族衣装を見て回るが、次第に民族衣装文化が今でも残っている貴重さと、今にも消えてしまいそうな危うさを感じ、その姿を記録する。
2016年のコニカミノルタプラザ・フォトプレミオ受賞展では、ボリビア先住民の独自の信仰であるTinkuというお祭りの様子を発表する。
現在も南米を訪問し、先住民の民族衣装姿から見えてくる独自の文化と彼らが持つアイデンティティ、そして移り変わる時代の姿を撮影している。

 

Copyright © 2017 Tokyo Documentary Photo. All rights reserved.