Tokyo Documentary Photo

関 健作 / Kensaku SEKI

関 健作 / Kensaku SEKI
kensakuseki-photoworks.com
1983年、千葉県出身。2006年、順天堂大学・スポーツ健康科学部を卒業。
2007年から青年海外協力隊に参加、ブータンで体育教師を3年務める。
日本に帰国後、フォトグラファーとして活動を開始、ドキュメンタリープロジェクトの撮影・制作に取り組んでいる。
日本、フランス、オーストラリアなどで展示を開催し、国内外で活動する。

<展示>
2020年 「2:16.22」RPSギャラリー(東京)
2020年「GOKAB」プロムナード写真祭(フランス)
2019年 「2:16.22 -その記録の向こう側-」TOKYO GRAPHIE・富士フィルムスクエア(東京)
2019年「OF HOPE AND FEAR」ウェッジギャラリー・シドニー(オーストラリア)
2019年 「絶えない火」ニコン・フォトプロムナード(東京)
2019年  「GOKAB」#005 PHOTO Playground 写真と出会う、写真と遊ぶ, 銀座ソニーパーク(東京)
2019年 「Rap Sattva​」アイデムフォトギャラリーシリウス(東京)
2018年「GOKAB -HIPHOP に魅了されたブータンの若者たち-」TOKYO GRAPHIE・富士フィルムスクエア(東京)
2018年「OF HOPE AND FEAR」フォトブックウィークオーフス(デンマーク)
2018年「OF HOPE AND FEAR」ニコンサロン(東京・大阪)
2018年 「Limited future」第13回名取洋之助写真賞写真展・富士フィルムスクエア(東京・大阪)
2017年    RPS PHOTO BOOK AS OBJECT EXHIBITION, RPSギャラリー(東京)
2017年 「ブータン92歳の1日」APAアワード展・東京都写真美術館 (東京)
2016年「祭りのとき、祈りのとき 」@コニカミノルタプラザ (東京)
2016年「Bhutan」ブータン展 ・上野の森美術館(東京)
2016年「Little Bhutan Days 」スープストック東京本社(東京)
2016年「ブータンの小さな瞳」あーすぷらざ(神奈川)

<写真集 / 著書>
2020年 「2:16.22」(手製・私家版)
​2018年 「OF HOPE AND FEAR」(手製・私家版)
2018年「Limited future」(日本写真協会)
2016年 「祭りのとき、祈りのとき」(私家版)
2013年「ブータンの笑顔  新米教師が、ブータンの子どもたちと過ごした3年間」(径書房)

<受賞>
2020年アルル国際写真際 フォトブックアワード 最終ノミネート(フランス)
2019年 京都国際写真祭 FUJIFILM AWARD 大賞 受賞
2019年 ヘッドオンフェスティバル ポートレートアワード セミファイナリスト(オーストラリア)
2018年 第20回三木淳賞 最終ノミネート
2018年 フォトブックウィークオーフス ダミーアワード 最終ノミネート(デンマーク)
2018年 シンガポール国際写真祭 フォトブックアワード ファイナリスト(シンガポール)
2018年 京都国際写真祭 FUJIFILM AWARD 特別賞 受賞
2017年 第13回「名取洋之助写真賞」受賞
2017年 APAアワード2017 文部科学大臣賞 受賞

 

Copyright © 2022 Tokyo Documentary Photo. All rights reserved.